悲しい現実

仙台の企業に勤める方から話を聞きました。

「3月11日、いつもよりちょっとゆれるなぁと思いフロアーの様子を見に行こうと
扉を出た瞬間、とてつもない、今までに感じたことの無い衝撃を受け、立っていられ
無かった。
揺れはどんどん大きくなり、物は落ち、倒れ、自分の周りしか見えない状態で、
周りにつかまっているのがやっとだった。
揺れがやっとおさまってきて、やっと遠くに目がやれたとき、散乱している様子に
驚愕しました。
その後、社員の無事を確認し、業務を中止し、真っ暗になった街を歩いてそれぞれ家路についきました。

家に帰ればなんとかなると思い、玄関を開けると、中は真っ暗なのでライターの火で照らしました。
そこには、室内のものが散乱してとても入れない状態でした。
そして、家族の姿もありません。
急いで駐車場の車に乗り、子供の幼稚園まで行きましたが、そこも真っ暗で人気がありません。
真っ暗な街を探していると、小学校に避難していることを知りました。
そこで、やっと家族に会い、その日は家族3人車中泊しました。
翌日、車のテレビを見て津波の被害があったこと、そしてそれは甚大な被害であることが映像を通じてわかりました。
それまでは、揺れたけどそんなに被害がなかったと思っていたので。

落ち着きを取り戻し、震災より3日後、社へ出社しました。
幸い、スタッフは無事でしたが、部下の女の子の実家が南相馬市で、
お母さんとおばあちゃんとお兄さんのお嫁さんであるお姉さんが行方不明という報告を受けました。
その子の話によると、地震直後携帯電話がつながり、無事を確認したあと連絡が途絶えたということでした。
そのうえ、お兄さんは福島第一原発の社員だそうです。
事故後、原発に残り作業をしており、捜索も出来ないようです。
しかも、南相馬市は半径20キロ以内の避難区域。

その子に業務はいいので帰るように言うと、業務をしているほうが気がまぎれるといい、仕事を続けていました。

そして2日後。
残念なことにお母さんの遺体が見つかったとの連絡が入りました。
すぐ、帰るように言うと、仕事は最後まで続けたいと。
ですが、今帰らないともう2度と会えないかもしれないよと告げて、やっと帰ることに。
しかし、交通機関は不通で、タクシーで帰ろうとしても、原発のせいで乗車拒否だったそうです。

まだ、他の家族は見つかっておらず、今は家族の状況から原発を離れられたお兄さんとお父さんと、毎日探しているそうです。

流された家を見つけ、その方角をたどって必死に探しているそうです。」

話を聞いて言葉が出ませんでした。

white man

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

一夜明けて

朝から街は大渋滞。

いつものように必要品を買いに大型スーパーへ行ってみると。

本日は臨時休業の紙が。


周辺はショッピング施設が集まったエリアなので他に店舗へ。

大変なことがわかりました。

開いている店舗に人が大勢並んでいます。
昨夜の地震により、街がまた混乱しているようです。


こちらはホームセンター


段ボールにマジックテープで品切れ品を書いて、店員さんが列を回ってます。


こちらはスーパー


列は店を一周する勢いです。

過在庫の意味がようやく分かった気がします。
震度4までは街は普通なんですが、震度5を超えると途端にパニックを起こし、買いだめに走るようです。

もちろん、昨日まで並ばないでいれていたスタンドも今日は大行列。
昨夜、何気なくガソリンを満タンにしておいてよかった。


走りながらなので分かりにくいですが、後ろにかなり並んでいて渋滞の原因になっています。

今駐車場で書いているんですが、そのあいだにこんな光景も。


他店からの応援でしょう。
店内の散乱を片付けるんでしょうね。

店舗側もこの混乱に必死で対応し、社会的使命をはたそうとしているんでしょうね。

 

昨夜まで普通に戻りつつあった街が、一度の地震でこんなにも変わってしまうのかと驚きます。

体験してわかりました。
本当に怖いです。自分の生死すら考えます。
まだ、避難所生活や家を片付け出来ていない中、こんなことが何度も起き、その度にそれまで前を見て復興へと意欲を出して来ても、また揺れて振り戻される。

今も震災の真っ最中なのです。

white man

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

震度6強

みなさん、ご心配ありがとうございます。

無事です。

かなりの揺れでした。

初めて体験するものでした。

早く逃げればいいのに、なぜか止まってしまうくらい。

まわりのひとたちもすごい慌ててました。

寝ていた人も多くいましたし。

ボランティアしていた人たちや被災地のみなさんが大丈夫か心配です。

無事であることを祈ります。

これが、復興を妨げている要因のひとつなのかもしれませんね。

あたえる恐怖心は計り知れないです。

今も停電が続き、サイレンが鳴り、ガス漏れや火災が起きています。

余震もかなり多いです。

また、報告しますね。

white man

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

東北でチーム結成

7名のチームメイトです。

真ん中の赤いブルゾンのご婦人。
みなさん、いくつに見えますか?

実は、70歳!
ホント若いです!見た目以上に動きが!
重いものも一人でどんどん持っていきます。

旦那さんに、
「なんで人のことなんてやるんだよ」
と言われ、家のことをしなければならなく、なかなか自由に来れないんですが、それでも困っている人のためにと毎日来てるそうです。

真ん中でピースしているのがリーダー。
一番若いのに自分から率先してリーダーを申し出て頑張っています。
彼は自転車で30分以上かけてきています。

一番左の彼は実は消防士。
しかも26歳です。
それもレスキュー隊員です。
どうりで手際がいいと初めて会って思いました。
消防士は24時間勤務ですから朝まで勤務していて、本当は帰って寝てるはずですが、休みも出て来てボランティアしてます。奥様も被害の大きい若林地区で銀行員をしていて、通帳も印鑑も身分証明もない人たちの預金を出すために必死で対応しているそうです。
すばらしい若者です。

他も、仕事の合間を見て参加しているすばらしい人たちです。

ボランティアは全然足りていなく、また求めている人たちにしっかり情報がまわってないのが現状です。

私たちが作業している間に何人も連絡先や依頼方法を聞かれました。

情報がとても大切なんだなぁと感じますね。
ここにもなにかできることがありそうです。

white man

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ボランティア

現地でのボランティアをする場合、直接VCに行き登録をします。

そして、ボランティアの依頼が来るまで待機しています。

依頼の内容により、人数が決まり、現地へ派遣されます。
今回は、8名で津波で水害にあったお宅にヘルプです。

移動は、VCの車で送迎してくれます。
現地は車両が行って停めれるスペースはないので、まとまっていかなければなりませんから。

車はワンボックスカーですが、座席になんてすわれません。
道具も多く積んでいくので、空いてるスペースにパズルのように座ります。
普通なら警察に停められてしまいますね。

今回のお宅は2世帯の立派なお宅でした。
外見は、きれいな新築そのものでしたが、中は・・・・。

家の中にあるタンスや冷蔵庫、ストーブ、金庫、衣類、パソコン、本、デスク、鏡、書くとキリがありませんがすべて捨ててほしいとのことでした。

理由は聞けませんでしたが男手が無いので3週間たっても捨てられずにいたようです。

いくら、泥だらけとはいえ土足で家の中に入るのは勇気がいるものです。
ですが、依頼者の了解を得てくつのまま屋内へ。
やはり何度見てもつらい光景です。

今回のチームで手際よく、必要か否かを確認しながら淡々と運び出します。
なかには迷っているものも多数ありました。やはり思い出があるんでしょうね。
いくら使えないと言ってもあきらめきれないもの。

そんなときにおばあさんが、私に賞状を見せてくれました。
濡れてよれよれになっていても後ろのほうは読めました。
その賞状に内閣総理大臣 小泉 純一郎と書いてありました。
ご子息は国家に尽くす偉い方のようです。
でも今姿は見えないのですが・・。

おばあさんが一言、
「こんなにリッパなものをもらっても、今はただの紙切れ・・」
そういいながらため息をつき、また他のものを探しに行きました。

おばあさんは二人いたのですが、もう一人のかたは、
「もう今後何もかもする気は起きないのですべて捨ててちょうだい!」

3週間、泥だらけの家の中を見て途方にくれ、ストレスをためていたのでしょうね。
到着したときから感じていましたが、かなり歓迎されていないムードです。

ですが、そのようなことに文句も言わず、一生懸命みんなで運び出していると
だんだん会話もうまれ、最後には笑顔もありました。

作業が終わり、帰るときに皆さんから
「本当にありがとうございました。」
と何度も言われました。
「今度、家を建て替えるときにも来てください」
なんて冗談も出るまでに。

来てよかったなぁと思える瞬間です。

たぶん、なぜこんなことに・・・と3週間途方に暮れていたんでしょうね。
家の中はあまり手つかずのままでしたから。
でも、ボランティアがきて、自分たちでは捨てられないものをどんどん運び出してくれることで、前を向こうと思ってくれたのだと思います。
捨てられなかったのは力がなかったからだけではなく、心がまだこの事実を受け入れられなかったのだと思います。

そんな人たちのためにも、ボランティアの意味があるのかもしれませんね。

white man

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

またまたこんな光景が

たまたま用事があり、郊外の大型スーパーへ。

ココでもまた過剰在庫が。。

これ有名な海外のミネラルウォーターですよ。
普通のときでもこんなの見たことありません。
360度同じ商品です。

値段も安い。



もう、売り場じゃないところに在庫積み状態。

 

見てくれている皆さん、どう思いますか?

 

こちらで買って、関東に支援物資を届けた方がいいのかも?ともおもってしまいます。

流通業界の企業の経営者や義援活動の団体トップの方々。

本当に気づいて欲しいです。

配給というものが、タダでもらえるんなら買わなくてもいいや・・・なんてことになっていないことを願います。

せっかく、企業側が需要があると思い、在庫調整し物資を集めても売れなければ意味がありません。

また、企業側も現状を知り、常に新しい情報を手にし、柔軟に対応しなければなりません。非常に難しい時期に入り出したのかもしれませんね。

健全な物流と人々の善意から集まった義援金の使用の仕方が今後の東北地方を救います。
このままでは、日本全国のこの余波が影響する日も遠くありません。

今後の復興のためにも、是非経済の安定化をはかって欲しいものです。

 

white man

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

知ってほしい

報道やネットで被災地への支援活動やボランティア活動はまだ一般の人たちが参加する段階ではないと発信しているものを、僕も来る前に何度も見ました。

理由はいろいろ書いていましたが、そんなことは全然ありません。

見てもいない、行動してもいない評論家やコメンテーター、そしてネットからの発信者は、もう少し自分たちの情報発信力に気づいて欲しいですね。そして実際自分が体験、体感して話して欲しいです。

 

ただ、確かにボランティアは自分のことは自分で用意が出来なければ、実行できません。

・現地までのアクセス
・食料
・宿泊先
・支援への道具
・その他かかる費用

現地では、被災した人の宿泊場所、食料などを供給するので精一杯ですから当たり前ではあります。
なかにはトイレも仮設で間に合わない場所もありますからその辺も考慮しなければなりません。

また、今避難所ではノロウイルスなど健康を壊すものが流行っている場所もあります。そういった体調不良を起こさないように自己管理もしなければなりません。自分の幸せあっての人助けですから。

そういったことで、場所によっては県外からの支援をまだ受け入れていないところも確かにあります。ですがそれは人手を必要としていない訳ではなく、そういったところほど、上記をクリアーして支援できる人は必要とされています。

 

確かに新潟地震のときは、一般のボランティアの行動が混乱を起こしたこともあるかもしれませんが、今回は被災地の範囲が広く、また水害が大きな被害をおこしているので、泥下かきや瓦礫の撤去など多くの人の力が必要なことばかりです。

また、避難所も田舎の沿岸部に行けば行くほど細かく分かれており、そこまでの支援物資が十分には配給できなかったり、自治体に運ばれてきた大量の物資を荷下ろしし、仕分けし、荷積みする作業もすべて人手によるものですから、人が足りないのが現状です。

一人でも多くの支援の人材を必要としています。

こちらの人の意見では、

「みんなにすごく心配されるけど、もう前向いてますから大丈夫」
「物資は充実して来たので、これからは人の力が必要」
「早く生活にもどるためにも仕事がしたい」
「車が無いと生活しにくいので動ける足がほしい」
「不況という2次災害が心配」

などのがあります。

また、避難所から仕事にもどる人、仕事を失ったけれど前に進むために仕事を探す人なども出てきています。

それを支援しようと今日も私がボランティアセンターにいるときに、となりに地方から雇用を受け入れに来たという企業のかたがいました。

ですが、自治体の担当者はまだ各地の情報が未だ正確に受け渡し出来るかたちが整ってなく、現地に行って確かめてもらうしかないとのことでした。
企業の方は少し不満げでしたが、では行動しますと言っていたように見えました。

やはり、同じことを考えてるんだなぁとうれしく、そして少しホッとしました。

このへんにも、私たちの力でなにか役に立てるヒントがあるのかもしれません。

white man

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

言葉が出ませんでした

連日、TVや新聞で被災地の現状や被害の爪痕を報道されているので、あえてこのblogで発信する必要は無いと思い載せていませんでしたが、知りたいという声がありましたので書きます。

これは、仙台市内から海側に向かい、車で10分ぐらい走ると突然目の前に広がる光景です。

まだ、海まではだいぶ距離がありますが、一面ただ泥と流れたものばかりです。

写真の中にはこいのぼりが写っているものもあります。たぶん、子供のために早めにこいのぼりを飾っていたのでしょうね。

また、なぜか鳥居だけは無事で残っているところもありました。神の特権なのか?とも思いましたが、これは先人の教えで昔もこのような津波があり、それを回避できる場所に建てているのでしょう。
私たちの今回の被害は先人の知恵や教えを忘れていたからなのでしょうか・・・。

僕は戦争をしりませんが、一面焼け野原という表現はこういうことなんでしょうと思うほどです。
今回は水害でこの辺では火災は起きてないようなので、黒こげてはいないのでそのへんは違いますが、人の生活していた面影が全くなくなってしまっているところは戦争と変わらないような気がします。
罪も無い人々の命を奪う権利はたとえ、地球といえども、自然といえども許せないものです。

だからこそ、人間の強さを、自然の猛威にも負けないたくましさを「見てろよ!」と言いたくなりましたね。
私たちの祖先もそうやって何度も乗り越えてきたのですから、これからも乗り越え続けるはずです。

white man

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

未だ止まない余震

東京でも一日に何回か余震があり、強い日には震度3程度が数回ありました。

ですが、こちらは余震ももっと頻繁で、震度4なんて普通にある感じです。
こちらの余震は最初の縦揺れのドンと突き上げられることがとても強いです。
大げさに言わなくても、跳ね上がるような感じです。
ちょっと心配になるのが、みんな慣れてきているのか、強烈なのを体験したからか、「あ、また来た。」みたいな感じで全然驚きません。
あまり、慣れるのも良くないことのように思えて。

でもそれくらい余震の回数が多くていちいち反応していたらキリがないのでしょうね。はじめは相当のストレスを毎日感じていたんだと思います。

この地震を体験した子供たちの心がとても心配です。

white man

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

グループ名「イクシア」

被災地支援をするにあたって登録しなければなりません。

また、ボランティア活動中に事故や怪我にあってしまう場合も
少なくありません。


こちらで情報を収集したりできます。

そのために団体保険に入るのですが、その保険には個人とグループでの
加入があり、もちろん私はグループとして入りました。

グループ名は

「イクシア」

です。

あたりまえですが。
もし、他のスタッフの皆さんでもボランティア活動したい場合は、
グループとして入れますのでお知らせください。
場所は全国どこでのボランティアでも適用されますので。

white man

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ