感謝のバトン

子供たちに笑顔を取り戻して欲しくて始めた上映会ですが、なかなか思ったようにはいかないなぁと思っていました。

人数は集まるようになったのですが、途中で出て行ってしまったり、終わったらすぐ帰ってしまうので、感想も聞けず喜んでくれているか心配してました。

このまま、一人の声も聞けないで終わってしまうのかなぁ。

そして、仕事の都合で一旦東京に帰る当日になりました。
いつものように教室に入り、NPOワタノハスマイルの方(今度ゆっくりご紹介します)とお話していると、一人の男の子が近づいて来てくれて、

「サインください」

とノートを差し出してきました。
震災で、多くのものを流され、大切なものなんじゃ。
そう思って、

「おじさんは有名人じゃないよ」

と伝えました。
多分、渡辺謙さんたちが来た後だから、有名人と勘違いしてるのかな?
と思ったのです。

でも、何度聞いても私のサインでいいと言うのです。
私はサインなんてもちろんしたことありませんが、まっさらなノートの一ページ目に、それらしく自分の名前をサインしました。

「これでいいの?」

と聞くと、

「うん!」

と笑顔で答えてくれました。
そして、自分で折ったと思われる折り紙を、

「これあげる」

と手渡してくれました。
そしてそこには、あどけない文字で、でもしっかりと

「ありがとう」

と書いてありました。

実はその子は前日の上映時に、最後まで真剣に見ていた子の一人でした。
嬉しかったです。本当に嬉しかったです。
私は普通の平凡な人間ですが、その子の中ではヒーローになれたのかなぁと本当に嬉しかった。真実はわかりませんが。その子だけが真実を知っていますね(笑)
やっと何かを伝えられたかもと思える瞬間でした。

そして、ここでの最後の上映が終わりが近づき、終了後みんなの前で一言さようならの挨拶をしたいと思っていました。
でも、いつものように終わったらすぐに子供たちは出て行ってしまい、それもしかたないと私の力不足の結果だなぁと受け止め、片付けを初めていました。

そんなとき、私は気づいていなかったのですが、どことなく子供たちが戻って来ていたようで、ワタノハスマイルの方が、

「みなさん、みなさんのためにわざわざ東京より上映に来てくれました」

と紹介してくれる声が聞こえ、子供たちが戻って来ているのに気がつきました。
続けて、

「ひとことお願いします」

とふっていただき、私はひと呼吸おいて、

「はじめまして・・・・」

と自己紹介しました。続けて、

「おじさんは、会社から休みをもらい、というかさぼって皆さんに少しでも笑顔を取り戻してもらいたくて来ました。でもこの活動が出来ているのは、不在中も会社で私の分も頑張って補ってくれているスタッフがいて成り立っています。支えてくれているスタッフみんなの思いです。」

と。そして思い切って、

「その支えてくれているイクシアの皆にも、みなさんの声を届けたいんですが・・・。」

と断られるのを覚悟で言ってみると。たくさんの子供から、

「なんだ、そんなことですか。もちろんです!」

と言って。

皆さんにも届きましたか?
全員見てくれるといいなぁと思います。
私たちの日頃の毎日が、支援につながった瞬間でした。

本当にイクシアの皆さんありがとう。
そして、この活動を支えてくれているみなさんに感謝します。
これも、イクシアを支えてくれているお客様あってです。
心からお礼申し上げます。

最後に、ことばをくれた子供たちに、
生きていてくれてありがとう。

white man

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

感謝のバトン への4件のコメント

  1. ave より:

    感動しました。
    ありがとうございます!

  2. 石山 より:

    子供たちが笑顔でいてくれれば、それだけど大人は頑張れると思います。
    一人でも多くの子供たちに笑顔をあげてください。
    微々たる力しかない私ですが、少しでもお手伝いできるよう、がんばります。

  3. tokyo_k より:

    もの凄く衝撃的な8秒間でした。
    また、心からこっちも頑張りたいと思いました。
    ありがとうございました。

  4. yamag より:

    こちらからも「ありがとうございます!」と伝えたいです。